陰部から生臭いにおいがする!!そんなときどうする??

陰部から生臭い匂いがすることありませんか?

下着を脱いだ時、なんだか生臭い・・・・
ショックですよね(*´;ェ;`*)

 

なんで魚の生臭い匂いがするのか??ですが、それは「細菌性膣炎」の場合があります。
細菌性膣炎って??と思う方も多いと思うので解説を('▽'*)

 

細菌性膣炎は、膣内で雑菌が繁殖することによって起こる膣炎です。
普通、膣内にはデーデルライン桿菌という菌が存在していて、強い酸性になっています。

 

でも、今の時代ストレスがかからない人っていませんよね・・・
そのストレスだったり、日々の疲れなどから免疫力が落ちてしまったり、おりものが気になったりで洗いすぎたりすることにより、その強い酸性が壊れてしまう事があるんです( ゚,_ゝ`)

 

強い酸性が壊れてしまうと、細菌が繁殖しやすくなって、細菌性膣炎になってしまいます(--,)

細菌性膣炎になるとどうなる?

 

 

 

細菌性膣炎は、その雑菌の種類によってにおいがかわりますが、
悪臭(生臭い臭いや、腐った魚の臭い)となる事が多いようです。
細菌性膣炎になると、どんな症状がでるのでしょうか??

 

まず、臭いは魚が腐ったような生臭い悪臭になることが多いです。
でも、おりものは変化がない人も多いようなんです。

 

デリケートゾーンの病気でよく聞くカンジタは、おりものがカッテージチーズの様に変化したりして分かりやすい事に比べて、おりものでは気付かないかもしれません。

 

最後に身体の症状ですが、細菌性膣炎になっていることに気づかずに放置をし、炎症が強くなるとおしっこをするときにしみてしまったり、違和感があったりします。
そして、膣の入り口がかゆくなってしまうこともあります。

 

膣の入り口がかゆくなった時もなるべくかくのはガマンしてください!!
かゆいからといってかきすぎると、せっかく細菌性膣炎が治ったのにデリケートゾーンが黒ずんでしまう(*ノ-;*)なんてことになってしまいます。

 

魚の腐ったような生臭いにおいを治すには?

細菌性膣炎になってしまったり、その他の原因でデリケートゾーンから悪臭が漂ってしまう場合、まず正しく洗う事で治ることも多いようです。

 

臭いが気になるからと言って、膣内をボディーソープやシャワーなどで洗いすぎたり、ゴシゴシしすぎたりすると炎症が強くなり、さらに臭いもひどくなってしまう事もあるので気を付けて下さい。
そして、デリケートゾーンを正しく洗ってもあまりに臭いがひどいようなら病院に行ってお薬を出してもらうのも、デリケートゾーンを生臭さから解放する近道かもしれません。